賃貸に関する注意点

賃貸を借りるとなると、必要な費用が発生します。

敷金や礼金など、お部屋探しをしているときに表示されていると思いますが、プラス1ヶ月分の家賃や引っ越し費用など多く見積もっておいた方が良いでしょう。

賃貸物件を借りる時にかかる費用

賃貸マンションやアパートといった物件の部屋を借りるときにかかる費用には次のようなものがあります。

・敷金  ・礼金  ・仲介手数料 ・共益費・管理費 ・保険関連
・ハウスクリーニング代 ・殺虫消毒代 ・カギ代

他に引越し代や新居に合わせたカーテンや照明器具なども必要です。

ペットが飼うことができる賃貸物件

ペットを飼う人に関しては年々増えているようで、そのことを踏まえてペットに対してのサービスも増えている傾向にあります。賃貸の物件に関しても、ペットが飼える物件が増えている傾向にあります。

これまではペットを飼うと原状回復が困難になることから、懸念されている傾向にありましたが、最近ではそのようなことも減ってきているようです。通常の物件に比較すると敷金礼金が高く設定されていますが、その分大好きなペットと暮らせるように設計をされています。

一人ぐらしで寂しく思っていてペットと暮らすことを希望していた人には、適した賃貸物件になるでしょう。

契約後の賃貸は自分で管理しよう

賃貸の管理は、ある程度の部分は業者が対応しています。

賃貸関連の物件を管理している業者の方が、色々な問題を把握して、修繕などにも早急な対応ができるのです。ただ、個人で管理をしないとだめな部分も多数あります。特に室内については、利用している人が管理を行って、なるべく汚さないように、傷をつけないように管理しておきましょう。

傷をつけることによって、敷金から支払いが発生するので、最終的にお金が帰ってこなくなります。部屋を借りたいと思っている人は、敷金を最終的に返してもらえるように、しっかりと部屋の管理を行いましょう。

集合住宅の賃貸

賃貸は集合住宅が多く、少し前までは賃貸物件でペットを飼う事は難しかったようです。しかし、ペットも家族の一員の様に可愛がっている人も多く、一緒に住みたいと考える人はたくさんいます。

そして、最近では賃貸物件であってもこのような需要に答えたペットと同居できる賃貸物件が増えています。

ペットと同居できる賃貸物件は人気があり利用者は増えています。

賃貸物件は時には不便だと感じる事もあります。しかし、最近では自由性が高まり利用者の要望に答えた賃貸物件が増えています。

賃貸を出ていく時には綺麗に掃除してから

今住んでいる賃貸を出ていく際には、きちんと掃除をしてから出ていくようにしましょう。自分の荷物を全て持ち出していくのは勿論のことですが、それと同じくらい何も部屋の中に残さないということが大切です。

特に忘れがちなのが最後まで使用しているお風呂場などです。シャンプーやリンスをそのままにして、最後部屋を出ていく時に大家さんから「忘れていますよ」と言われる人も多いようです。万が一忘れてしまいそうだなという人は3日くらい前から使い捨てのものにして、最後3日くらいはお風呂場も空の状態にしておくくらいがいいかもしれません。