起業を支援するレンタルオフィス

低コストで事務所を借りたいのであれば、レンタルオフィスの利用がおすすめです。電話やネット環境など必要なものはひと通り揃っているため、入居日からすぐに業務を始められます。

立地条件が良い都市部に多く、初期費用を軽減できることなどが理由で、近年起業オフィスとしての利用も多くなっています。

デメリットは、オプションのサービスを付加していくと料金が割高になってしまったり、レンタルオフィス事業者が廃業してしまった場合に住所変更の登記をする必要があるなど、余計な手間がかかる可能性があることです。

起業をすることが身近に感じられるようになった反面、リスク管理も必要な時代となりました。

レンタルオフィスを利用するメリット

レンタルオフィスは、個人事業主や企業に少人数向けのオフィス空間をリーズナブルに一定期間提供するサービスです。

日本では2000年頃に外資系レンタルオフィスがサービスを開始しました。その後、ビルのオーナーや不動産関連企業が多様なオプションサービスを付けて差別化を図ったため、受けられるサービス内容は会社や物件によって異なります。メリットとしては、インターネットや共有OA機器が利用出来ること、水回りや複合機などが共有スペースとなるため賃料が抑えられること、一般的な賃貸事務所は高額な敷金礼金がかかることが多いのに対し、敷金礼金不要のため初期費用が抑えられることなどがあげられます。

最先端の仕事場を手に入れられるレンタルオフィス

起業オフィスとして、またフリーランスの方の仕事場として、大都市を中心にレンタルオフィスが増えています。

レンタルオフィスは、デスクやコピー機、プリンター、高速インターネット、会議室などの設備を備えるだけではなく、来客の受付やカフェサービス、秘書代行サービスなども利用することができます。名刺にも住所を書くことができるため、まるで本当の自分のオフィスのように使えます。

自前で事務所を借りるよりも低いコストで済むのはもちろん、その費用で最先端の設備や良い立地、お洒落な内装などを手に入れることができるので、人気があります。

レンタルオフィスの有効な活用法

レンタルオフィスは、賃貸契約で借りられる企業フロアのことをいいます。通常ならリース契約などをして借りられるテーブルやイス、コピー機などが、すでに設置してあるのが特徴です。借りたらすぐに業務を始められるようになっているため、手軽で便利なサービスといえます。

業務をおこなう上では何かと費用が必要となってきますが、全てがセットになっているため、低予算で利用できるところがメリットです。また、レンタルオフィスは会社業務をおこなうほかにも、大学の会議場やネットショップをおこなえる場としても大変有効で、密かにブームにもなっています。

ビルオーナーの新常識ともいえるレンタルオフィス

昨今の不景気の影響なのか、テナント募集をしているビルも多いです。好景気のころは、空き部屋などあまりなかったように思いますが、今はなかなか借り手も見つかりにくいようです。そんな中、ビルオーナーが目をつけたのが、レンタルオフィスです。

事務所としてすぐ使えるように、部屋だけではなく家具などもセットにして、低価格で貸し出す商売の総称です。大規模な再開発ビルには、ほぼ確実にレンタルオフィスフロアがあります。

自社ビルを建てたり、家具をリースする必要がないので、コストを抑えられることから利用する会社も増えています。