マイクロスコープ

インプラント

一般的に学校の理科の授業などで使われているマイクロスコープと言えば、小さい物を拡大して見るという事だけを目的として作られています。

業務用としてマイクロスコープを使用する場合には、観察するだけでなく、更にもっと高度な機能が求められる事もあります。

例えば、観察する以外にも、対象物の大きさを測ったり、結果を写真として保存しパソコンで扱えるデータしたりする必要がある場合もあります。

現在ではあらゆる用途で使用される様になり、目的によって必要になってくる機能も異なってきます。用途に応じた物が作られる事もあり、個人が観察するために使う市販されているのとは違い、高額な物も数多くあります。

更新日-2011年11月29日