地方展開する場合もレンタルオフィス

業務を拡大する際、首都圏だけではなく、地方都市への展開が必要となってくることもあります。地方展開する際に重要となるのが、やはり立地です。レンタルオフィスであれば、敷金や礼金などのコストを削減することが可能です。また、家具も設置されているので、初期投資を低く抑えられます。

現在、地方都市でもレンタルオフィスが発展しており、多種多様な物件があります。取り扱っているところも、大手の不動産会社から中小の不動産屋まであります。

契約する際には、契約内容や家賃とともに、信頼できる不動産屋かどうかも重要なファクターになりますので、十分注意しましょう。

レンタルオフィスの利用方法と利便性

日本でのレンタルオフィスは1997年頃に始まったと言われており、長野県の株式会社が始めたサービスが最初となっています。ビジネスに最適な都市部や、各地の主要都市を中心にして広がっています。

レンタルオフィスは、そのレンタル方法にも特徴があり、入居してすぐに使うことが可能で、使用期間や時間で借りるなど、さまざまな方法で借りることができます。

オフィス内の設備も整っていることや駅や公共施設に近いなどの好条件であることが多い上に、初期費用やコストを削減できることから、法律事務所として、また起業の場所として利用されることも多くなっています。

低いイニシャルコストで借りられるレンタルオフィス

レンタルオフィスは、企業オフィスとして使われることも多いです。
大規模開発ビルの多くが、2から3フロア程度のスペースを設けているといわれています。

レンタルオフィスは、提供サービスや課金方法の違いで、大きく5つのタイプに分けることができます。

1つ目は期間貸しで、最も一般的な形です。月極で入居するケースが多いです。2つ目は時間貸しで、モバイラー向きです。3つ目はバーチャルオフィスで、事業所登録が不要な場合が多いです。4つ目はインキュベーションオフィスで、事業立ち上げに特化したオフィスです。5つ目はサービスオフィスで、人的サービス提供するオフィスとなっています。

自治体が運営するレンタルオフィス

起業を検討している方や、小規模なビジネスを立ち上げた方におすすめしたいのが、自治体が紹介しているレンタルオフィスです。自治体が紹介する空き家や空き店舗なら、補助金が出るケースもあります。

とにかく賃料が安い点が特徴で、経費をなるべく削減したいと考えているなら、選択肢に入れておくといいでしょう。また、通常なら数年程度で出て行かなければならないレンタル専用のオフィスですが、民間が運営しているオフィスであれば、その点を気にする必要もありません。

起業を支援するためにお得なサービスを提供しているので、チェックしてみる価値があります。

レンタルオフィスについての説明

オフィス家具やインターネット回線がある個室と、受付や会議室、カフェなどのさまざまな設備が整った共有スペースを、シェアできる賃貸オフィスがあります。それが、現在話題となっているレンタルオフィスなのです。

単なる執務スペースの提供にとどまらず、受付や秘書サービス、ITや電話など通信機器もあり、お客様のニーズに応じて選択することができるので、ビジネススタイルに合わせた柔軟な対応が可能です。

レンタルオフィスのメリットは、初期投資が大幅にカットできるところで、コストパフォーマンスが優れています。オフィスを持ちたい人には、おすすめであるということがわかります。


更新日-2011年8月4日